スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォニックスで学ぶ基礎 ~英検でない目標~

2013.06.06.12:38

私はフォニックスの勉強方法をつい最近知りましたし、まだフォニックスのフォの字もやっていない
レッスン途中です。ただ最近痛烈に感じることを私のおもうままに書いてみようと思います。笑

娘はプリスクールのサタデーに通っています。正確にいうと娘をスクールにいれて1年半目ですが、見かけは
なかなか伸びない、しゃべっていても片言。しかもスクールの中もペラペラとしゃべっている子をみたことがない。あー正直2人で毎月◎万かけて通わせているのはどうだろう...

しかも宿題はプリント...最近ワークブックになりましたが、ワークブックも単語と少量の文章...
あとスカラのフォニックスブック(ボロボロだけど今もあるのかなあ???)
まあ、せめて早く多読といった方向に持っていきORTのStage5ぐらいにでもすすんでくれないか・・
常々おもっているわけですよ。でもORTは一向にやらない...
家ではこっそり読ませていたりして、まあ、わからないところは私のローマ字英語で教えてしまっています。(笑)
また最初に教室を見学見学させていただいたときORTをこんなかんじで読ませて進めていますって
感じだったので...うちの子は異常におくれているのではないかと心配にもなりました。
周りはみんな幼児ですしね...
先生ORTはまだなんでしょうか?恐る恐るきいてみたんですね。(私、昔から先生と呼ばれる方に弱いんです...)
すると先生はORTはフォニックスにそっていいないので、フォニックスができるようになるまですすめ
ないんです...という衝撃的な回答がきました...
えっ?フォニックスっていうものが終わっていないとだめなの????
だって私の小さいときにならっていないし、そんものやらなくても親の私はよめているし...
そのとき、ちょうどかよ子先生がイギリスの学校のブログでフォニックスをやられている記事についてかかれている記事をよみました。もう、なんか目がうろこというか、全身からなにか出てくる感じがしましたね。
スクール外でフォニックスの勉強を始めようとおもい、Jollyフォニックスを購入しました。
フォニックスとは何ぞやからはじまったのです。ただ、学習方法も買ったのですがALLイングリッシュ。
読めません。ただ、学習方法が英語でもかかれているのでたぶん他で習うものと違い、取り組みやすいと感じました。個人差はあるようですが、学習スケジュールだと9ヶ月ほどで一通りの音の習得可能のようです。
(他の方のページを参考にしたりしていました 笑い)
まあとにかくこの四十数個あるものを覚えるだけでよいのか?と考えているうちに、ペンタイプのExtra
がでました。ああーこちらでよかった...けど、これが使いやすく、ペンタッチももう、兄弟で取り合いながら
やりました。そんなこんなで2ヶ月ほど?で娘は、Work1が全部おわったところでWork2に進もうとしたのですが、本当にできているのか?という不安もありましたしね。
そこで思いついたのがピアノのレッスン方法です。ピアノもうちで練習したところを先生にみてもらい、指示してもらう。それにより、どこまでできていて、できていないかがみていただく。

今のスクールでは中々できているか確認することが親の目でみて難しいところがあるのでかよこ先生に
セカンドオピニオン的に見てもらうことができまた方向性がうまれてくるのではとおもいました。
これが、ちょっとあたって、今は色々な不安をかよこ先生が受け止めていただき、本当に考え方が変わりました。

現に、昔は英検だ、会話だと躍起にになっていました。でも今は本当に新しい目標、
単語を初見で読めるようにし、語彙を増やし、将来はチャプターブックだって読めるようになる
あーなんか目標や夢が見れるようになったなあと感じるのです。

うちのプリスクールでは英検を目標にしていません。また英検をとれという推奨もありません。
会話の多い子もいればまったくしていない子とばらばらです。
ただレギュラーからは有名どころのインタースクールへ行っている方がいるようです。

同じサタデーのお父さんがネイティブの方で通わせている子もいますし、インドの方もいます。
なんでお父様がねいてぃぶなのにわざわざ??と思うこともありました

今はなんかわかるような気がするのです。
やはりプリスクールと英会話学校では目標にしていることが違うのです。
おそらく(色々あるとは思いますが)ちゃんとした読みも、書きもやってしっかりとした基礎づくり
をしてくれるのが、プリスクールや、インターナショナルスクールと、日本で習う英語との大きな
ちがいだと思うのです。おそらく、想像ですがネイティブのお父さんが考えるところの基礎と呼ばれる
のがたぶん日本で習う(単語や文法の基本と)大きく異なっている部分でだから高いお金を払っても
プリスクールにわざわざ習わせにくるのではないかとなんとなく考えています。
なんで、インターナショナル子は英語ができるのに、日本で習っている子は英語が消えてしまうのか?
オールイングリッシュで学ぶということだけではなく、根本的に基礎をつくるということをさせていかないと
いずれは消えてしまう英語になるのではと考えるのです。そこは文部科学省なり、教育機関に早く気づいて
ほしいです。

基礎も習う時期があると思います。小さいうちに音楽で楽しく覚えてしまえば、受け入れやすいし、
体で踊りながら覚えれば忘れない。ただ、高学年になっていくと恥ずかしくなってなかなか
受け入れてもらえないですよね。(たのしく学ぶ英語にはやはり限界があると思うんです。)

ネイティブのお父さんが通わせたくなるような英語学習作りをしてくれれば、日本の学校英語のグローバル化も
夢ではないのでは感じてなりません。
スポンサーサイト

theme : 英語de子育て
genre : 育児

comment

Secret

一般リンク

最近のトラックバック
プロフィール

くまこあら

Author:くまこあら
FC2ブログへようこそ!
管理者ページ

フリーエリア

参加してます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

メールでの連絡 kuma_koalaあっとまーくyahoo.co.jp(あっとまーく→@に変えて送ってください。)
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。