スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっとふっきれて順調に。。。

2013.10.22.17:41

いろいろあってこの4カ月いろいろ無駄にしました...

姉の成績のことで、こちらが担任の先生に相談したことがおおごとになってしまい
スクールカウンセラーの先生に行き、まあそこでいろいろいわれました。
英語よりも日本語をもう少し重視されてはいかがですかと...

基本私としては学校で教えてもらう国語で今はいいかなーと
おもっていて、ただそれに対してついているっているかということだったのですが
あたってしまったのが新人の先生で相談してどうしてよいかわからなくなってしまったらしく
カウンセラーにいってしまったようです。
結局療育センターに相談してみてくださいみたいな話に傾き
うちはそこまで考えていないので...という話でとりあえず終わりました。
そのころブログで母国語云々の話がいろいろあって読ませていただいているうちに
かなり不安になりおちこみました。

うちは基本的に国語は学校で頑張って習ってほしいとおもっているし、英語はお楽しみということで
ビアノや水泳を習うレベルと考え、あくまでも習い事として位置づけています。
なので、宿題を怠ったりしませんし、学校中心です。

問題があればやっぱり学校で見てほしいと思うのです。もちろん宿題をおこたってもっていってなかったり
授業態度が悪いとかいうのであれば仕方ないですけどね。そうでなく普通にならっていれば、普通に身に着く
のでは?とおもっています。

まあ前期の成績をふたをあけてみるとそれほど悪くはなく...
とりあえず早生まれなのでよしとしました。高学年になり考えたいとおもいます。
とにかく英語をしていると色々いわれること、英語のせいにされることもあり....
続ける努力が必要だと感じました。

**************************

うちはプリスクールで土曜日だけみていただくのと、かよこ先生のレッスンをしていただいていますが...
1年半やはり習いかなたというのか違うのだなーと
感じ、即効性はありませんが、ジワジワきいてきた感じがやっとします。

色々Webレッスンを浮気してやりましたが今の感じが一番いいかんじです。
娘の書くレッスンがセンテンスへすすみはじめました。
かよこ先生からもセンテンスにすすんでみたり、形容詞をつけた文をかいてみたらどうかといわれました。
娘も短い文を書くことができるようなってきました。

プリスクールは親が見学ができないので何をやっているかさっぱりだったので
かなり不安がありました。
最近だんだんわかってきたので少しだけ、学習方法を紹介します。
まあ、どこも同じというわけでもないですが・・・

今思うとやることは意外にシンプルです。
1・フォニックスで単語をよめるようにする。

フォニックスの種類が色々ありますが、シンセティック・フォニックスとアナリティック・フォニックス
で、プリではアナリティック・フォニックスをつかって、うちではJollyをやっています。
いまになってこの違いが結構わかるようになってきました。

はっきりいって本当にちがいます。...どちらをやるのかスクールに聞いた方がいいです。

たぶん今プリスクールで教えているのはアナリティックフォニックスの方が多いと思われます。
アナリティクフォニックスの文字の区切りをみると本当にわかりません。
でもローマ字を覚える日本人にとってわかりやすいのは断然シンセティック・フォニックスだと思います。
とくにアナリティックフォニックスなどはいってきた!という判断ができるのはローマ字英語の私にはあまりよくわかりませんでした。でも、わかる先生にはわかるようです。
わたしはJollyの方をならってみたかったので、かよこ先生にもお願いしています。
フォニックスの身に着け方はJollyはまた若干違ったやりかたをします。
Jollyの方が覚えるというよりも、手順にそって教えていただけます。
やりかたはイギリスの学校のホームページをご参照ください。

2.ワークブックをやる。
A,B、Cの書き方から始めたり、絵と文字を合わせたりするワークブックです。下の子は筆圧もできていなかったのでワークブックで筆圧をつけつつ文字を書いています。

3.だんだん読める語彙を増やしていく

アナリティックフォニックスでやっていくのならExplode the Codeどいう本は語彙をふやすのに
本当にいいとおもいます。うちはオンラインでもできます。(一応はいっています)
絵をみて、文字を書いていきます。繰り返しドリルのようなかんじです。
結局は単語を覚えるのと変わらないような気がします。
暗記の苦手な子は飽きてしまう子もいるかもしれませんが、うちはとりあえず飽きずにやっているようです。
でもなかなか難しい部分もあります。

Jollyフォニックスではかよこ先生に宿題をいただいて、単語を強化しています。
43文字の言葉をブレンデリングという作業をしていきます。ならった音を合わせて読めるようにしていきます。
弟は今1からJollyを入れていってもらっているところで、この作業がわかりやすいです。

4.フォニックスに沿った本を読んでいく
スカラスティスクの絶版?になったPhonicsに沿ったよめる本をやっています。70冊ぐらいあるのかあ?
スクールで2-3冊を読みうちに1冊が宿題で、その本の1センテンスと絵を描き写します

かよこ先生も似たようなご指導をいただきました。夏休みにいただいたのにできなかったのですが。。。
また再開してJollyの本を読んでとりくんでいこうと思います。


Jolly Phonics Extra: (British English in Print Letters)Jolly Phonics Extra: (British English in Print Letters)
(2012/09/30)
Christopher Jolly

商品詳細を見る


5.短いセンテンスを書いていく
短いセンテンスで文の組み立てをおこなす。
日本の文法チックなことをやっていきます。中一か中2で習う感じのセンテンスです。
サイトワードと呼ばれるものだとおもいます。
I like ~
I have ~
とくに日本語で意味?をおしえているわけではないようです。
色々文を考えてかきます。(まだ、うまく書けないのでところどころ親が手伝っています。)
英語サイトで小学生がならうセンテンスもこんなところのようです。
外人で話すのに文法の勉強はいらないとおもっていましたが、やはり外人の子供でも勉強します。
ここで参考になるサイトを見つけました。

http://www.confessionsofahomeschooler.com/

ここで2nd Grade Sight Word Sentences

でワークシートがダウンロードできます。(個人使用はOKのようです。)
ここは本当にダウロードが豊富です。
サイトワードのプリントはPreSchoolからあるようです。色々さがしてみてください。

確かに日本の子供でも小学生でひらがなをならい、少し筒短い文を書くようになって
長い感想文がかけるようになるのかなあとおもっています。

一見すると簡単そうな取り組みに感じますが、結構地道な作業です。
また、うちは週1回ですが、これを毎日やるインターの子はやはり進むレベルが当然違ってきます。

うちは日本の学校をベースにおいてしまったのでこれでよいかなーという気がしてきました。
バイリンガルから程遠い感じですが、地道にやれば中学にあがったときぐらいにはそこそこできるように
なっているのではと今はかんじます。

スクールの方向性は間違っていないかもしれないと思えるようになってきました。
(まあ、正直安いお金ではないので...)

かよこ先生からも色々アドバイスをいただき、英語だけでないサポートを本当にしていただいています。
あとは親が迷わず、いっしょに頑張ってとりくんでいけるのか?というとこです。

きっとなからったことのある方とかは、ピアノでもそうなのですが、ならった事のある人は
だいたいどうながれでならうのかというのがわかりますが、プリスクール側でやりたいことが
わかってきた感じがします。

スポンサーサイト

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

2013.12.22.00:48

このコメントは管理人のみ閲覧できます

一般リンク

最近のトラックバック
プロフィール

くまこあら

Author:くまこあら
FC2ブログへようこそ!
管理者ページ

フリーエリア

参加してます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

メールでの連絡 kuma_koalaあっとまーくyahoo.co.jp(あっとまーく→@に変えて送ってください。)
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。